当院の理念

地域に根付き、診療から手術、往診など幅広い対応で
皆さまがいつまでも健康な目で過ごせるように努めてまいります。

院のホームページをご覧i頂きありがとうございます。
 当院は戦後まもなく尼崎市に移転し,現院長まで3代にわたり,常に患者さんの立場に立って診療してまいりました。院長は基幹病院の部長として長年診療に携わってきました。白内障、緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性症などほとんどの疾患に必要な検査治療が可能です。病状をご理解いただきやすいように,モニターでご自身で見ていたいています。往診も可能で,視能訓練士が常勤し,小児の斜視・弱視の治療にも対応しています。
 現院長になり設備は一段と拡充され,手術設備もさらに充実し,白内障手術,緑内障手術はもとより眼瞼下垂・内反や甲状腺眼症などの眼形成手術に他施設に先駆けて大阪大学勤務の時以来取り組んできました。眼科学会での講演や論文も数多く,関西一円はもとより四国,中国地方からもご紹介頂いています。
 また院内感染対策に努め,心地よくご来院いただけるよう配慮しています。眼や眼瞼になにか異常を感じたられましたら,萩原眼科クリニックまでご相談ください

当院が力を入れている治療

院や診療所に受診されるのはなんらかの自覚症状があるわけですので,自覚症状の改善が治療の目的となりますが,糖尿病性網膜症や緑内障など,早期に発見し,治療を開始しなければ失明につながるのにもかかわらず,進行しなければ自覚覚症状がない病気もあるので,自覚症状がなくとも重大な病気がないか,将来発症する危険因子がないかをチェックする必要があります。またドライアイやコンタクトレンズでも角膜障害が強く,二次的な細菌感染などによる失明の危険が高いのに自覚症状がないこともしばしばで,早期に発見し適切な治療を行い、いつまでも健康な目で過ごせるように努めてまいります。

甲状腺の眼の合併症について

 甲状腺眼症(甲状腺の眼合併症)は治療が困難な事も多く,大学病院勤務の時より専門としてきました。
 主要な眼科学会でも 教育講演・招待講演を幾度も行ってきました。 関西一円や四国からご紹介頂いています

眼瞼(まぶた)の手術について

 眼瞼下垂・眼瞼内反・眼瞼腫瘍など眼瞼疾患や眼窩腫瘍・眼窩壁骨折などの眼窩疾患,特に手術治療を大学病院勤務の時より専門としてきました。主要な眼科学会でも 教育講演・招待講演を幾度も行ってきました。

白内障について

 超音波白内障手術や眼内レンズが日本に導入された頃より手がけていました。
 最新の白内障自手術装置や手術顕微鏡を導入し、安全で侵襲の少ない白内障手術を目指します。

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症について

 糖尿病性網膜症は失明の大きな原因ですが,進行するまで自覚症状に乏しく,定期的な眼底検査が必要です。

 レーザーを用いた網膜光凝固術で治療を行っています。黄斑浮腫に対して,抗VEGFの眼内注射を行っています。

緑内障について

 緑内障は失明の大きな原因ですが,早期に発見し,治療を開始すれば,必ずしも失明するわけではありません。
 自動視野計やOCTを用いることにより、緑内障の早期発見が可能です。必要な場合はレーザー、手術による治療も行っています。

斜視・弱視・色覚異常について

視能訓練士が常勤し、視機能の改善のためにこまめな訓練、指導を行います。

ドライアイについて

パソコンや携帯電話が身近なものになりドライアイは劇的に増加しています。コンタクトレンズ装用で状態はさらに悪化します。ドライアイでは,眼表面の涙液が不足・不安定となり,角結膜が障害されます。症状は様々でドライアイと気づきにくいことが問題です