角膜は俗に「黒目」と呼ばれている部位の事で、そこへコンタクトレンズや逆まつげ、ドライアイの症状を来すと表面に傷がつきます。病原性を持った細菌やカビなどが傷から侵入したり付着している状態を角膜感染症と呼びます。治療をしてもなかなか良くならず、最悪失明する危険性もはらんでいます。
角膜感染症を起こす主な微生物として、

  • 細菌
  • 真菌(病原性を有するカビ)
  • アカントアメーバ
  • ヘルペスウイルス

などが挙げられます。

こんな症状はありませんか?

  • よく目が乾く
  • 充血している
  • 目がゴロゴロする
  • 〜準備中〜
  • 〜準備中〜

など

上記症状のある方は角膜感染症である可能性が高いです。

(尚、こちらの病気の可能性もあります → 〜準備中〜、〜準備中〜)

角膜感染症の種類と原因

細菌性角膜感染症

細菌が原因の角膜感染症です。コンタクトレンズを常用する方に増加しています。コンタクトレンズの取り扱いを適切に行わないがために、洗面所などに潜む菌が目に運ばれてしまうという事が原因です。激しい目の痛みと大量の目やにが出たり、角膜の一部が白く濁り、充血します。細菌の種類により、進行が非常に早いものもあります。放置すると角膜が破れてしまい、失明の可能性があります。治療によって細菌が除去できたとしても、程度によっては視力低下が残ったままになる場合もあります。

治療:抗菌薬を定期的に点眼し、酷い場合には内服や点滴も併用します。

真菌による角膜感染症

真菌(病原性カビ)による角膜感染症のことです。角膜へカビが侵入する事自体実はあまりなく、そこまで聞かれない症状ではあります。しかし、もともと目に持病があったり、抵抗力が落ちている場合には発症しやすく、また、植物による外傷(枝で眼を突くなど)、ステロイドの長期点眼により起こる事もあります。

治療:カビに効果のある抗真菌薬の点眼、内服、点滴を行います。治癒するまで長期間要することもあります。

アカントアメーバ角膜感染症

アカントアメーバは川や池、沼、土や公園の砂などに含まれる微生物のことです。ご家庭でも洗面所などの水周りにもいることが多いと言われており、発症する方のほとんどがソフトコンタクトレンズの愛用者です。

治療:アカントアメーバに対する特効薬はなく、極めて治りにくい症状です。少しでも効き目のある抗真菌薬や消毒薬を点眼、内服、角膜の表面を削るなど、様々な治療法を併用します。

ヘルペス性角膜感染症

ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスが原因で発症します。ヘルペスウイルスの多くは乳幼児の頃に初めて感染し、体内に潜伏します。一度潜伏したウイルスは、ストレスや発熱をきっかけに再度活発化し、角膜へ影響を及ぼします。

治療:抗ウイルス薬の眼軟膏、内服。点滴を行うこともあります。

コンタクトレンズを正しく使いましょう。萩原眼科クリニックでは、あなたに合ったコンタクトレンズをお選びし、正しいケア方法をお伝え致します。詳しくはこちらをご覧ください。

目のお悩み、ご相談は是非
萩原眼科クリニックまでお越しください。

診療日
日・祝
9:00

12:30

16:30

19:00
手術
-

TEL

06-6411-5853

診療時間
  9:00〜12:30 
 16:30〜19:00
休 診 日
 木曜・土曜の午後 
 日曜 / 祝日