甲状腺眼症とは甲状腺機能亢進症(バセドウ病)や橋本病に伴う眼の合併症で、眼の周りにある脂肪や眼球を動かす筋肉や眼瞼を挙げる筋肉に炎症を起こします。炎症により眼球後方の脂肪が増えると眼が突出し(眼球突出)、眼瞼を挙げる筋肉に炎症を起こすと、眼が閉じられず(兎眼)、見開いた状態(眼瞼後退)になり、眼球を動かす筋肉に炎症を起こすと、眼球運動が障害され、物が二重にみえます。

こんな症状はありませんか?

  • 眼が動かし難い・眼を動かすと痛い、突っ張る
  • 物が二つに見える
  • 眼が出てきた
  • 眼が見開いている・目が閉じにくい
  • まぶたが内向きになり、まつ毛が目に当たる    
  • など

 甲状腺眼症は甲状腺機能が正常であっても起こります。内科治療でホルモン異常が治ると、眼の合併症も治ると考えがちですが、実はそれは誤りです。甲状腺ホルモンと「眼の合併症」は別物で、それぞれの治療が必要です。

注意 〜よくある勘違い〜

  • 甲状腺ホルモンが必ず高くなっている
  • 甲状腺ホルモンが良くなれば、眼の症状も改善し、眼科的な治療は要らない
  • 必ず眼球が突出する
  • 必ず両眼性

など

甲状腺眼症の治療法

 まず、炎症が強い場合はステロイドの点滴や内服など炎症を抑える治療を行います。補助的に放射線治療も行います。
 症状が落ちついても、なお眼球の突出、斜視や眼瞼(まぶた)などの障害が残れば、手術で矯正します。
 正面視で斜視が残れば眼球を動かす筋肉を後ろへ付け替えて、眼の位置を修正します。
 まぶたが見開いていたり、内向きが残れば、まぶたを引っ張っている腱を延ばします。眼瞼内反や兎眼のため眼球の障害が強ければ、症状が落ち着くまでに、手術が必要なこともあります。
 眼球の突出が強ければ、眼を入れている骨を削って、突出を治します。

手術前・手術後

眼球突出に対する眼窩減圧術

眼球運動障害に対する斜視手術

眼瞼後退に対する矯正手術

予防には毎日の生活習慣から

甲状腺眼症の原因の三大要因は、

  • 日頃のストレス
  • 寝不足
  • 喫煙

と言われています。現代人は誰もがストレスを持っており、完全にこれをゼロにする事はまず無理ではありますが、溜め込まないよう心掛けたり、発散方法を見つける事が大切なのです。また、それ以外の寝不足・喫煙は日頃の生活を意識することで解消出来るでしょう。ご自身の生活習慣を振り返ってみてください。禁煙をし、就寝時間を増やしただけでもまぶたの腫れや目の奥の痛みが改善に向かったという患者さまのお声は数多く聞かれます。まずは事前の予防が大切なのです。

目のお悩み、ご相談は是非
萩原眼科クリニックまでお越しください。

診療日
日・祝
9:00

12:30

16:30

19:00
手術
-

TEL

06-6411-5853

診療時間
  9:00〜12:30 
 16:30〜19:00
休 診 日
 木曜・土曜の午後 
 日曜 / 祝日