緑内障とは、視神経が眼圧に耐えられずに障害されるもので、視神経が障害されると、視野が次第に欠損していきます。治療しなければ次第に進行し、一度障害された神経、視野は回復せず、失明に至ります。しかし、早期に発見して、治療すればほとんどは失明を免れます。
緑内障は高齢者に多く、40歳以上では20人に1人と高率にみられ、年齢とともに増加します。さらに9割は未発見、未治療で、失明の原因の第一位です。

こんな症状はありませんか?

  • 視界が狭く感じる
  • よくぶつかるようになった
  • 検診で視神経の異常を指摘された
  • 突然の激しい眼の痛み・吐き気・頭痛

など

眼圧が低くても緑内障?

高齢者の緑内障の大部分は正常眼圧緑内障です。年齢のために眼圧に対する視神経の抵抗力が弱くなり、眼圧そのものは高くなくても、その方にとってはその眼圧は高いため視神経が障害されます。40歳代より次第に増加し、60~70歳代で急激に増加します。強度な近視であったり、血縁に緑内障があれば、さらに起こしやすくなります。
早期には症状を自覚しないので、早期にどのようにして発見するかが重要です。眼圧は正常ですので、眼圧測定では発見できません。視神経の障害を見つける必要があり、眼底検査や視野検査が重要です。すでに視野異常があれば予備能力を使い果たしているので、視機能障害は容易に悪化します。視野の進行を抑えるためには眼圧を下げなければならず、正常の低めにコントロールすることが目標となります。

注意

●緑内障は治療しなければ次第に進行し、最後には失明します。
→早期発見が失明を防ぐのに重要!
●眼圧を計っているだけでは発見できない。
→眼底検査、視野検査が重要!

緑内障の進行

初期
異常に気付かない場合が多い。

中期
視野が欠ける範囲が広がりますが、まだ異常に気付かない場合も多い。

後期
見える部分が狭くなり、日常生活に支障を来してしまう。

緑内障の種類と治療法

閉塞隅角緑内障

眼球内では水が循環して、眼球を維持していますが、水の排出が悪くなると眼圧が上がります。隅角と呼ばれる虹彩と角膜の付け根から眼球壁内を通って水は排出されますが、この隅角で詰まるのが閉塞隅角緑内障です。
正常眼圧緑内障を含め開放隅角緑内障ではまず点眼で治療し、点眼で眼圧がコントロールできない場合に手術を行います。

開放隅角緑内障

隅角より末梢の眼球壁内にある線維柱帯で詰まるのが開放隅角緑内障です。
閉塞偶角緑内障では、手術を行います。

緑内障の頻度

原発閉塞溝角緑内障年代別有病率

原発開放隅角緑内障(広義)年代別有病率

目のお悩み、ご相談は是非
萩原眼科クリニックまでお越しください。

診療日
日・祝
9:00

12:30

16:30

19:00
手術
-

TEL

06-6411-5853

診療時間
  9:00〜12:30 
 16:30〜19:00
休 診 日
 木曜・土曜の午後 
 日曜 / 祝日