白内障は、しわや白髪が増えてくるのと同じように、歳をとるとどうしても避けられない病気です。60歳を過ぎる頃には多くの人が白内障がみられますが,程度の差が大きく,早急な手術が必要なこともある一方で,かなり高齢でも経過を見るだけで良いこともあります。

  • かすんで見え辛い
  • 明るいところで見えにくい・まぶしい
  • 近視が進んだ

など

白内障が進行してからの手術は,合併症が起きやすくなり,白内障以外にも多くの疾患で視力障害をきたします。緑内障など障害された視機能を回復することが出来ない疾患もありますので,異常を感じられましたら,なるべく早く眼科受診をお願いします

白内障ってどんな病気?

 眼球の光の通り方はカメラと同じで、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。水晶体が濁るのが白内障で,霞んで見えたり、視力が低下します。明るいところでまぶしかったり、輪郭がぼやけて二重、三重に見えたり,近視が進むこともあります。
 年齢とともに水晶体は濁ってきますので、高齢者ではごく軽度ものを含めると白内障はほとんどの方に見られます。問題は白内障の程度で、進行した白内障は手術でしか治せませんが、白内障以外に眼の病気がなければ、ほとんどの場合は視力は手術で回復します。年齢以外にも、ぶどう膜炎などの眼の病気やアトピー性皮膚炎や糖尿病など全身の疾患に合併したり、怪我やステロイド等の薬剤で起こることもあります。

白内障の見え方

正常な眼の光の通り方と見え方

白内障の光の通り方と見え方

白内障の手術について

手術は濁った水晶体を摘出し、代わりに人工レンズを移植します。水晶体は水晶体嚢と呼ばれる袋に包まれているので、角膜に小さな切開を作って、袋の前面に窓を作り、中身を超音波で細かく破壊し、吸引します。手術は局所麻酔で行い、ほとんどの方では手術や注射の痛みはあまり感じません。当院では原則として通院で手術を行っていますが、近くの病院に入院をお願いすることも可能です。

角膜の周辺部から小さな切開を作ります

水晶体の前面に窓を作り、袋を残して中を超音波で砕いて吸引

人工レンズを袋の中に移植します

目のお悩み、ご相談は是非
萩原眼科クリニックまでお越しください。

診療日
日・祝
9:00

12:30

16:30

19:00
手術
-

TEL

06-6411-5853

診療時間
  9:00〜12:30 
 16:30〜19:00
休 診 日
 木曜・土曜の午後 
 日曜 / 祝日